,

Windows 10 Creators Update を導入すると iCloudの Outlook2016(アウトルック)連携が壊れる(@_@)

Windows 10 Creators Update を導入すると iCloudの Outlook2016(アウトルック)連携が壊れる(@_@)

Windows 10 Creators Update を導入すると iCloudの Outlook(アウトルック)連携が壊れる(@_@)

iCloudを使ってiCloudのスケジュールや連絡先の同期をWindowsのoutlook2016としている場合に、Windows 10 Creators Updateを実行するとUpdate後に連携が壊れます。

具体的には送付先を決めるアドレス一覧にiCloudの連絡先が表示されなくなります。

その場合下記を実施すると解決す場合があります。

1.最新版のiCloud for Windows版をダウンロードしておく。

2.現在のiCloud for Windowsをアンインストールする。

3.再起動する。

4.最新版のiCloud for Windows版を再度インストールする。

5.再起動する。(インストール後に再起動するか聞かれるのではいで再起動する)

6.iCloudのコントロールパネルを起動して、outlookの連動のチェックをはずす。(何かのタイミングでまたチェックされても無視する)

7.再起動する。

8.iCloudのコントロールパネルを起動して、outlookの連動のチェックをする。

これでoutlookを起動して連携が復活していればおっけ~(^◇^)

追記:アンドロイド・MAC・PC(outlook)の連絡先を一本化する何かいい手はないでしょうか?

JavaScript コンソール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です