,

たびらいでレンタカーを予約して利用してみました。

たびらいでレンタカーを予約して利用してみました。

たびらい北海道のレンタカーを予約して利用してみました。



このサイトでも推奨しているたびらいの北海道格安レンタカーを使ってレンタカーを予約してみました。

今回利用したのはニッポンレンタカーの車種指定プランでマツダデミオディーゼル(http://www.nipponrentacar.co.jp/newclass/newclass_201504_en.html)を予約しました。北海道に行くとき車の移動を楽しみたいときは多少お値段が上がっても走りが楽しめる車両を、お財布の状態がよくない時やあまり移動をしない場合は予算優先での利用するようにしています。

たびらいレンタカー
たびらいレンタカー
デミオ XD レンタカー
デミオ XD レンタカー
デミオ XD レンタカー
デミオ XD レンタカー

たびらい北海道のレンタカー予約は、免責も含まれているので安心です。ただし事故などの場合にNOC(ノンオペレーションチャージ)は必要になります。
NOCは、事故を起こした場合の休業補償で自走可能な場合は20,000円自走不可能な場合は50,000円が必要になります。

免責保証に入っていない場合は、対物・車両にそれぞれ5万円の免責金額が付きますので、車両対車両の事故の場合は、自走可能な場合に120,000円の費用が無条件で必要になります。
レンタカーを借りる場合に、この辺は料金に含めるべきと思うのですが、なぜか別料金なんですね。
まあ、レンタカー会社としては対物保険・車両保険には免責があるので、それはそれとして、免責分はレンタカー会社が独自で埋めるという形で、1日あたり1000円くらいを負担してもらえれば、免責分を保証しますよということだと思います。この制度、一見ユーザのための制度に見えますが、実はレンタカー会社の収益にかなりプラスになっているんですよね~(@_@)

まあ、そうは言っても事故は突然来るので免責保障には加入したほうが良いです。大きな事故ではなくても、単独で車体に傷をつけたりした場合も、NOCと免責で70000円の出費をNOCの20000円だけの出費で済みます。



デミオ XD  スカイアクティブDのドライビングインプレッション

お値段重視の場合は、通常フィットを利用しています。フィットも良い車ですが、運転していても全然楽しくありません。ホンダの車がこれでは寂しい気がしますが、フィット1300は非力なのとCVTの影響で走るのが精いっぱいという感じです。フィットHVを借りたこともありますが、VWと同じDCTを利用しているにも関わらず、運転者が自由にシフトチェンジをできないという体たらく。

非力な車ほど積極的にマニュアル操作で運転したほうがキビキビ走れるはずなんですが、日本国内にはそのような需要がないのか、ファミリーカーはR・D・L(N)のポジションしかないんですよね~。

前置きが長くなってしまいましたが、デミオの場合はマニュアルモードが使えるので、Dレンジで非力だな~と思った時点で一段シフトダウンすることでキビキビ走ることができます。
また、ディーゼルエンジンもターボが付いているために、思った以上にアクセルへのレスポンスも高く、しっかり走りを楽しめる車でした。
ただし、そうは言ってもディーゼルなのでエンジン音などはまさにディーゼル車という感じです。

レンタカーを傷つけてしまった場合の手続き(@_@)

今回、レンタカーを借りて初めてレンタカーを傷つけてしまいました。実家の車庫の奥に自転車が止めてあったのですが、車を車庫に入れる際に自転車が倒れてきてリアのハッチに2cmくらいの傷をつけてしまいました。

後でトラブルになるのはいやなので、レンタカー会社の指定の方法でまず最初に警察に連絡して、事故報告をします。これは後でレンタカー会社が保険を使用する際に事故証明書が必要なので必須です。これを実施しないと保険が適用できないので後で問題になった場合に実費を請求される場合があります。

その後、レンタカー会社の事故報告窓口に連絡します。最終的には営業所にて報告して必要な費用などが告げられます。
今回幸いなことに、傷も小さくレンタカー会社のご厚意より費用発生はありませんでしたが、通常はNOCの20000円は必要なようです。(免責保障に入っている場合)

みなさん、レンタカーを運転するときは傷をつけないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

JavaScript コンソール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です