, , ,

2017 ラフィアン・ウインツアー 完

2017 ラフィアン・ウインツアー 完

2017 ラフィアン・ウインツアー 完

参考にならない写真ばかりですみません|д゚)

久しぶりに参加したラフィアン・ウインツアー、立ちっぱなしだったので疲れましたがあっという間に時間が過ぎていきました。

ウインもラフィアンもいいクラブだと思いますが、募集状況を見ていると寂しい限りですね。

自分が加入したころは満口馬続出だったんですけどね~。

勝ち星が少ないのが不人気の一番の理由とは思いますが、たとえ勝ち星が増えたとしても人気復活なるかどうか。

ラフィアンの合理的な運営や物の考え方はよくわかりますが、合理的なだけでは人はついてこないということを運営というかトップの方々は理解してほしいですね。

やはり、クラブの運営は数多くの馬を満口にしてなんぼだと思います。ですから人は感情(感動)で動く動物だと理解していただき、会員の方を向いた運営をしてほしいです。

最近のいろいろなことが、内向きの決定事項ばかりで寂しい限りです。

ウインはいろいろな意味で手探りの状況なような気がしますが、ラフィアンに比べると比較的会員の方を向いた運営にしようとしている気がするので、勝ち星が増えていけば満口になる馬も増えていくように思います。

さて、ツアーですがドリンクコーナーにおやつ的なつまめるものが置いてありました。聞くとことによると今年かららしいですが、この手の心遣いはほんとにうれしいですね。

自分は写真を撮影することに夢中になっていたので、展示馬の説明はあまり聞いていなかったのですが、総帥はほとんどしゃべってなかったように思いますね。

こうして少しづつ、総帥の営業トークが聞けなくなるのも寂しい気がしますが世代交代なので仕方がないですね。

ただし、ウインの社長が総帥の営業トークを引き継ごうとしているように思いましたので期待しています。

ラフィアンの社長はちょっと事務的な説明のような気がしました(@_@) 別に社長が説明する必要はないと思うので、話すのが苦手であれば誰か営業トークのうまい人に任せて、補足説明や購買・選定に至ったポイントだけ横で話すという形のほうが良いのかもしれませんね。

ツアーでお世話になりました従業員の方やパートさん、ありがとうございました。

今年、ラフィアンで1頭、ウインで1頭出資を決めました。(ラフィアンはまだ確定ではありませんが・・)

どうでもいいことですが、マイルールとして100口換算15万円以上の馬には出資しない・自家生産馬には出資しないというルールがあります??(過去にそれを破ったのは 金額ではウインオリファンとウインネプチューンで、自家生産馬に関してはウインシガーロ・ウインネプチューンですがネプチューンは受胎で購入なので除外したいと思います(@_@))

ラフィアンは31番のグリントインハーアイの16とウインのバラードソングの16です。

ということで、今年の出資馬はある意味チャレンジなんです(^◇^) いずれも自家生産馬・・

ラフィアンは牝馬推し(これも理由は内向きのように思いますが・・・)のように思いました。さらに、母系の血統とダイワメジャーで1500万は安いように思いました。まあ、過去に牡馬ですが同じお父さんで勝ち上がれなかった実績があるので強気なことは言えませんが、面構えがいかにも気が強そうだったので出資に至りました。あと関西厩舎というのも理由です。

ウインのはいい男なんですよね~。顔が良いです。血統もマイルくらいまでのように思いましたので出資しました。もちろん関西厩舎だからです。

関東に住んでいるのに関西馬に出資というのはちょっと寂しいですが、彼らが頑張って香港マイルに僕を連れて行ってくれることを夢見ます。

夏に愛馬に会いに行く予定です。

 

 

 

 

 

JavaScript コンソール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です