おやじの楽しみ的出資

おやじの楽しみ的出資

2015年のラフィアン・ウインツアーも終わり、いよいよ募集の開始の時期になりました。
出資馬の選択方法も人それぞれなのですが、おやじの楽しみ的出資について記載します。

 

出資金(馬代金+毎月の会費+飼葉代)の出費だけで、賞金が入ってこなくても生活に困らない範囲で出資しましょう。

おやじの楽しみ的には賞金などで戻ってきた分はすべて「おこずかい」として使っちゃうくらいの気持ちで出資しましょう。
なので、おのずと出資数は少頭数となりますし出資できる上限金額も決まってきます。 その予算の中で出資することで愛馬に対しても、クラブに対しても広い心で接することができるはずです。

 

募集開始とともに出資馬を決定して、出資馬の成長とともに一喜一憂しましょう。

最近、ラフィアン(ウイン)は人気がないために満口になる馬が少なくなりました。したがってじっくり成長を見極めて出資ができるようになりました。(ただしラフィアンは2015年から出資期限が1.5か月ほど前倒しになりましたが・・・)
しかし、成長見極めて出資して楽しいかどうかについては疑問です。価値観は人それぞれなので、何が正しくて何が間違っているなんてことはいえませんし、確かに勝ち上がってくれないことには、競走馬としていられる期間が短くなってしまうので、少しでも勝ち上りの確率が高い馬に出資したいという気持ちはわかるのですが・・・。

おやじの楽しみ的には思い入れで馬を選び、その馬の成長過程も含めて楽しむというのがスマートではないかと思います。
思い入れは人それぞれ、お父さん・お母さん・毛色・容姿等、思い入れの種類はいろいろです。逆に思い入れが見いだせなければ出資を見送るくらいのほうが良いのではないでしょうか?

愛馬のいいところも悪いところも含めて受け止める広い心で出資決定をする。そして愛馬のデビューまでクラブの近況報告や出資状況などに一喜一憂する。それがおやじの楽しみ的出資です。

ちなみに、筆者こぶちんは2015年下記の馬に出資をしました。
理由は良い顔しているから(^^)/(毎年ほぼ同じ理由で出資です)。
(基本的に1500万円以下、自家生産馬以外というルールがあるのですが、去年あたりから馬の単価が上がっているのでかなり難しいです。その影響で去年はラフィアン購入を見送りました)

[table “” not found /]

来年の今頃ワクワクしながらデビューを待てるとうれしいですね。

JavaScript コンソール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です