一口馬主のすすめ

一口馬主のすすめ

馬券を買う以外の楽しみも競馬にはあります。

きっかけ

友人に連れていかれた東京競馬場での馬券の購入から始まった競馬とのかかわり。
岡田繁幸(以下岡田総帥)さんと栗田博憲(調教師)をこよなく愛する友人の出現、無謀にも本州からおんぼろブルーバードで北海道に旅立った牧場めぐり。そして現地での馬主さんとの出会い。幾重の必然とともに、小頭数ではあるが一口馬主として出資をしている現在の自分がいる。

友は酒が入ると岡田総帥の相場眼、栗田調教師、締めにグランパズドリームのダービー物語を熱く語る。
酒を酌み交わすたびに毎回聞かされるのこの話。そして、ラフィアンへのあこがれ・・・・

そんな時代のバブル崩壊とともに月日が流れ、身の回りのことがひと段落したタイミングであこがれのラフィアンターフマンクラブへ加入に至った。

おんぼろブルーバードで訪れたビックレッドファーム真歌

つづく・・

 

 

 

 

JavaScript コンソール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です