,

放浪記 ボラカイ Dタリパパで食事の仕方

放浪記 ボラカイ Dタリパパで食事の仕方

2015-2016の正月休みに、フィリピンのボラカイに行ってきました。今回は、その時に行った、Dタリパパについて書きたいと思います。

Dタリパパは、中央に新鮮な魚介類などの市場があり、その周りに小さな食堂や、お土産物屋などが、たくさん集まっていて、私は夜の7時頃に行きましたが、たくさんの人で賑わっていました。

IMG_20151230_183950
タリパパとは

タリパパとは、市場という意味らしいですが、ボラカイだけじゃなくて、フィリピンのマニラなど他の場所にも幾つかあるらしいです。

 

まず食材を購入

タリパパで食事をするためには、まず中央にある市場で食材を購入します。ここには、新鮮な魚介類や、豚肉、鶏肉などもたくさん売っています。

IMG_20151230_190425

いろんな種類の魚介類がたくさん並べられ、客と店主がワイワイと会話しながら、食材を買っていました。

IMG_20151230_190547

私も、名前はわかりませんが、美味しそうな、魚を一つ買いました。値段は、330PHPでした。

IMG_20151230_190632

 

次は、食堂へ

買った食材を持って、次は、料理をしてくれる食堂を探します。
市場の周りにはたくさんの食堂がありますが、私が行った時間はちょうど、晩飯時だったので、どこの店も満員でしたが、なんとか、料理をしてくれるお店を見つけることができました。

 

IMG_20151230_190935

 

料理の仕方を注文する

お店を見つけたら、今度は、買ってきた食材の料理の仕方を注文します。
私の場合は、Sweet & Sour というのを注文しましたが、多分、甘辛煮という感じでしょうか。

IMG_20151230_191924

 

食べる

煙がモウモウとする店内で、ビールを飲みながら料理ができあがるのを待ちます。

IMG_20151230_192951

大体20分ぐらい待っていると、料理がでてきました。

IMG_20151230_193934魚の名前はわかりませんが、白身の淡白で身のしまった魚と、甘辛い味付けが、絶妙で、なかなか、おいしかったです。

IMG_20151230_193912もちろん、ライスも頼みました。

お値段は、ライス2つ、ビール1本、スプライト1本、料理で、330PHPでした。
食材の330PHPと合わせて、660PHPですから、1,614円でした。2人前の量ですので、1人前800円というところでしょうか。

特に安いというわけでもないですが、新鮮な食材を自分で選択して、それをすぐ料理して食べられるので、全然リーズナブルではないでしょうか。

 

こちらも合わせてどうぞ
放浪記 ボラカイへの行き方

放浪記 ボラカイ Dモール

JavaScript コンソール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です