2015年一口馬主を振り返る

2015年一口馬主を振り返る

2015年の一口馬主としての実績をまとめてみました。

ラフィアン

ラフィアンはマイネルガヴロシュ・マイネルブラストが引退となり、マイネルボルソーのみが現役として活躍しています。ボルソーは2月に1000万クラスになりましたが降級。降級後もけなげに掲示板に入り続け、一生懸命稼いでくれています。私の記憶が確かなら去年の12月以来北海道には帰省していません。馬主孝行の馬です。鞍上に恵まれていないような気がするのは愛馬への贔屓目でしょうか・・・

[table “” not found /]

※マイネルガヴロシュが抜けていたので訂正しました。

収支(馬代金も含めた収支)

[table “” not found /]

ウイン

ウインはウインイルソーレが最初の愛馬なのですが、次の世代オリファン・ユニファイドも無事勝ち上がってくれて、今のところ勝ち上がり率100%で相性がいいです。現2歳のデビューが3歳に持ち越され、近況などをみるとここで連続勝ち上がりも途切れそうで、ちと心配ですがデビュー戦でその不安を裏切ってくれる走りを見せてくれることを期待しています。

ウインイルソーレは障害初勝利に届きそうで届かない状態が続いています。障害で勝ち上がってくれるのもいいですが、調教の調子よさから今一度芝のレースを使ってもらいたいなという気持ちがあります。

ウインオリファンは3歳になり、ダートで2勝しました。癖馬のようでなかなか難しいみたいですが、芝のマイル路線での走りも見てみたい気がします。厩務員の方も芝のほうがあっているような発言もありますし、どこかかのタイミングで試してもらいたいです。

ウインユニファイドはデビューの芝のレースの時は未勝利のまま引退を頭をよぎりましたが、ダートのレースで一変し、勝ち上がりました。昇級後のレースも大きく離されることがなく、現クラスでもなんとかなりそうなめどがありましたが、ここにきて成績も安定し現クラスを卒業できる可能性も出てきました。年末のレースぶりからは力をつけてきているように思います。

ウインシガーロ・ウインスパークルの2歳勢は、2歳デビューができませんでした。現在2頭とも入厩中のため、1月には新馬戦の結果がわかると思いますが、期待の持てる結果になることを期待しています。新馬戦は入厩から最初のレースの結果がわかるまでワクワクできる時間だと思います。

[table “” not found /]

収支(馬代金も含めた収支)

[table “” not found /]

ノルマンディ

ディスティンダリアが地方競馬の交流競争で無事初勝利を挙げてくれました。その後中央でもそこそこの成績が残せているので、500万クラスでも頑張ってもらえそうです。ただ、ラフィアン・ウインと違い、なかなか出走してくれないので、ラフィアン・ウインの出走パターンに慣れた身には、ちと寂しい感じがします。まあ、厩舎サイドの事情が優先されているようなので仕方がないように思いますが・・・

[table “” not found /]

収支(馬代金も含めた収支)

[table “” not found /]

総収支 -¥19,817

収支には2015年に支払った馬代金も含まれていますので、トータルでマイナスになっていますが、それでもマイナス額が2万円弱なので、愛馬たちは本当に頑張ってくれているのがわかります。出資代金を含めなければ完全にプラスになっていますので、お財布には優しい一口馬主生活でした。来年も同じような状況であるとうれしいです。

併せて馬券の収支は下記のとおりです。

通常、毎年10万円くらいマイナスになる馬券収支ですが、今年は奇跡が起きました。一年の収支が6万9千円プラスになりました。2000円の購入が多いですがこれはほとんど愛馬の単勝馬券です(^◇^)

馬券収支
馬券収支

画像は79190円プラスですが、有馬記念の週に1万円マイナスになったので、実際には60190円のプラスです。(JRAVANネクストの収支が翌週にならないと反映されないため)

こんな感じで2015年を終了できました。来年もこの調子だとこの趣味も続けて行けそうです。みんな頑張れ(^◇^)

JavaScript コンソール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.